運送事業支援

運送業を取り巻く環境

トラック業界は、近年慢性的に深刻なドライバー不足の状況にあります。また、新型コロナウィルスによる経済活動低迷の影響は未だ完全には改善せず、今後の先行きは不透明な状況です。

2024年問題に備えて

2019年4月の労働基準法改正により、従業員との事前合意に基づいて時間外労働を延長できる「特別条項付き36協定」の内容が変わりました。人材不足や長時間労働が常態化している自動車運転業務に関しては5年の猶予が与えられましたが、2024年4月からいよいよ適用が開始されます。2024年4月からの時間外労働の上限規制適用開始に備え、各種業務の効率化、高度化が急務となっています。

中小運送業のITツール活用のために

BTコンサルティングは創業以来、中小運送業のお客様からの様々なご相談に対応してきました。IT技術の導入や各種労務対応など、今までのお客様との経験値をもとに、中小企業に適した業務効率化をお手伝いいたします。お気軽にご相談ください。

ロジスティックソリューションマップ

中小運送業が使いやすいシステムを追求し、自社開発システムと他社パッケージシステムを組み合わせてご提案が可能です。全てオールインワンでのご提供、必要な機能だけを導入して既存システムと連携させる、どちらでも対応可能です。

運送事業向け支援一覧

1

営業支援

成約前の営業活動の管理システムを導入します。サイボウズKintoneアプリや個別開発のクラウドシステムなど、ご希望をお伺いして実現いたします。

2

顧客(得意先)管理/傭車先管理/車両管理/配車支援/運行指示/運転日報

『配車勤怠クラウド』

配車勤怠クラウドは、成約後の案件情報を管理し、輸配送業務を完了して請求を行うところまでをワンパッケージでご提供するクラウドシステムです。必要な機能だけを切り出してご提供することも可能です。

3

倉庫管理(WMS)

『AiR Logi』

株式会社コマースロボティクス社と連携して、クラウドWMS『 AiR Logi 』のご提供が可能です。ハンディー貸出も可能です。『配車勤怠クラウド』とのシステム連携も可能です。

4

点呼

ご予算に応じたシステムの選定と導入のお手伝いをいたします。『配車勤怠クラウド』とのシステム連携開発も対応可能です。

5

デジタルタコグラフ・ドライブレコーダー

ご予算に応じた機器の選定と導入のお手伝いをいたします。

6

ドライバー勤怠管理

『ドライバーズタイム』

巡回指導、監査に完全対応した、運送業に特化したクラウド勤怠管理システムです。法令に則った各種アラート機能と、監査向けの帳票出力機能を備えています。『配車勤怠クラウド』とのシステム連携も可能です。

7

経理システム導入・クラウド化、請求データ連携

『ドライバーズタイム』

freee、Moneyforwardなどのクラウド会計システムの導入支援、弥生会計などのPCインストール型経理ソフトのクラウド化などの対応が可能です。『配車勤怠クラウド』からの請求情報の取り込みも対応いたします。

8

給与計算

ドライバー勤怠管理システム『ドライバーズタイム』からのデータを利用して、当社人事労務担当コンサルタントによる給与計算作業のアウトソースに対応いたします。ドライバーズタイム以外のデータからの給与計算も対応可能ですので、ぜひご相談ください。

9

RPA導入

高額なRPAパッケージの導入だけがRPAの導入手段ではありません。当社では、お客様の業務専用のロボットをプログラミングにより開発いたします。手作業からの転換だけでなく、システム間のデータ連携やスケジュール処理など、業務内容をヒアリングさせていただいたうえで、優先順位付けを行いながら導入していきます。